高級マンションに関する記事を書いています

老後に高級マンションで過ごす

[2017-06-12 05:33:53]

ライフスタイルの変化から、二世帯住宅で息子夫婦と同居……なんていう家族の形は古いものになってきています。若者の数に対して高齢者ばかりが増えていく現状では、高齢者は自立する必要があるんでしょう。公共の老人ホームなどはどこも順番待ちの状態ですが、最近ではサービス付き高齢者向け住宅があるのだそうです。そしてサービス付き高齢者向け住宅にも、高級マンションと呼ぶべき物件が存在しています。

通常、サービス付き高齢者住宅は、バリアフリーの居室に加え生活相談や安否確認のサービスがついているもので、基本的には自立できる高齢者向けの住宅です。場所によっては食事提供や介護サービスもあるみたいですが、それだけでは高級マンションとは言えません。高齢者向け住宅における高級マンションは、広々とした居室に、充実した介護サービス、24時間対応ナースコールは当然のようについています。プラスアルファとして、フィットネスジムやマージャン・囲碁・将棋などを楽しめるスペース、カラオケスペースがあるマンションもあるんです。中には天然温泉付きの高齢者マンションまであるというのですから、驚きですね。

初期費用だけでも数千万円、更に付き数十万の家賃がかかりますが、ホテル並みのサービスがついた広々とした居室で老後を過ごすというのはなんだかあこがれてしまいますね。環境にも気を使われていて、交通の便が良いのに周りは緑に囲まれてロケーションも美しいマンションが多いんだそうです。

至れり尽くせりで夢のような老後生活はうらやましいの一言ですが、需要があるのは高齢者があふれている今だからこそかもしれません。自分が老後を迎える時は、そういったラグジュアリな高齢者向け高級マンションが残っているかどうかは少し疑問かもしれませんね。